重要なお知らせエリアを非表示

drawerstyle

おうちの可能性を引き出す
家族にやさしい片づけ
Drawer Style代表 中村佳子

長男がイヤイヤ期(2歳)のとき、ただ洋服を着替えたくないと駄々をこね続ける姿に私が大声で怒鳴り散らしたことがありました。結局、着替えるどころか長男は泣き続け、時間がなくなり予定もキャンセル。小さなことでガミガミ言った私自身も自己嫌悪で涙が出てきました。ガミガミ言うことで何も解決しないことはわかっているけれど目の前の光景を見るとつい言ってしまう。ガミガミを言わないためにはどんな“声掛け・仕組み”があればいいのか。子育て12年の中で常に研究・実験し、ガミガミ言い合うのではなく家族の凹を家族で補い合える「家族のチームビルディング」を提案しています。

ーprofile―
収納個別相談300件、セミナー開催は200件を超え、延べ参加人数は6,000人以上。
ブログ、インスタグラムなどのフォロワー数は約15,000人。
著書『男の子がひとりでできる「片づけ」』(KADOKAWA)
プライベートは、長男12歳(中1)・次男8歳(小3)の子どもを持つ4人家族。